仮想通貨ーネム(NEM)のEigenTrust++がすごい?採掘(ハーベスティング)や取引方法は?

ネム(NEM)はもともと仮想通貨の名称ではなく、ある経済活動を指す名称でした。その理念を受け継ぐ形で誕生した仮想通貨ということでネム(NEM)という名称になったということです。通貨の単位は、XEMと表記します。

ネム(NEM)の特徴

ネム(NEM)の最も大きな特徴として挙げられるのが、ビットコインにおける採掘という概念が存在しないということです。

ネム(NEM)誕生の理念から高性能のコンピュータや多くの電力を要するマイニングは不平等であるとネム(NEM)では見做され、代わりにネム(NEM)では、ネム(NEM)の残高や取引回数などによって、ハーベスティング(収穫)と呼ばれるネム(NEM)の分配が行われます。

 

ハーベスティングの原資となるのは、ユーザーが取引した手数料です。これをネム(NEM)では、Proof of Importance(PoI)と呼んでいます。

また、ネム(NEM)はセキュリティの高さも魅力です。EigenTrust++というシステムによって悪意のあるユーザーを排除できる仕組みになっています。セキュリティの高さは取引する人にとっては重要なことですよね。

ネム(NEM)はどこで購入できるのか

日本の取引所では、『CoinCheck』や『Zaif』で購入することができます。

2017年6月初め現在のCoinCheckでのネム(NEM)の価値は、日本円で25円ほどとなっています。2015年にネム(NEM)は公開されましたが、翌年の2016年には野村総研がネム(NEM)を使ったプライベートブロックチェーンのプロジェクトをスタートさせるとのニュースリリースを受けて注目が集まっています。

2016年以降、少々値動きが激しくなっていますが、それでもビットコインやイーサリアムに比べれば時価総額もそこまで大きくありませんし、お手頃価格と言えるのかもしれません。

ネム(NEM)の将来性

ネム(NEM)はその成り立ちから経済的な偏りを是正しようとする概念が存在しています。マイニングではなくハーベスティングを採用しているのもその概念があるからこそです。

世界中の富のほとんどを掌握しているのは、全人口の1%の人々であるというセンセーショナルなニュースが出て、一時期、労働者たちがデモをしたことがありました。現在もその格差は是正されるどころか広がっていると言われています。

このことから、今後、ネム(NEM)の理念は評価され、ネム(NEM)の存在意義は次第に増していく可能性が十分にあると思われます。

また、ネム(NEM)は今後、とても性能の高いブロックチェーン、Catapult(カタパルト)を実装すると言われています。これが実際に実装されれば、さらに価値が上昇する可能性が高いのではないでしょうか。

今後もネム(NEM)に関するニュースに注目しながら価格の推移を見守っていきたいところです。

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 2020-9-6

    「億り人」で注目の坂本よしたか氏、今後はビットコインボルトの時代到来を予想?

    坂本よしたか氏は仮想通貨の書籍も出版している、情報ビジネス界の有名人です。儲かる秘訣を伝授しているだ…

おすすめ記事

  1. 坂本よしたか氏は仮想通貨の書籍も出版している、情報ビジネス界の有名人です。儲かる秘訣を伝授しているだ…
  2. 仮想通貨といえばビットコインといわれるくらい有名ですが、8月にビットコインキャッシュに分裂し、今後ビ…
  3. イーサリアムは、ビットコインに次いで2番目に時価総額の大きい仮想通貨で、2017年9月現在の時価総額…
  4. イーサリアムの「メトロポリス(Metropolis)」というアップデートが2017年9月下旬に行われ…
  5. 2017年8月24日の午前11時頃、ビットコインのSegwitがアクティベートされました。S…

話題をチェック!

  1. 2020-9-6

    「億り人」で注目の坂本よしたか氏、今後はビットコインボルトの時代到来を予想?

    坂本よしたか氏は仮想通貨の書籍も出版している、情報ビジネス界の有名人です。儲かる秘訣を伝授しているだ…
  2. 2018-1-6

    ハードフォークによるビットコインゴールドの誕生!?分裂で暴落!?

    仮想通貨といえばビットコインといわれるくらい有名ですが、8月にビットコインキャッシュに分裂し、今後ビ…
  3. 2017-9-25

    注目のアルトコイン|イーサリアムのプルーフ・オブ・ワーク/ステークで承認変わる?

    イーサリアムは、ビットコインに次いで2番目に時価総額の大きい仮想通貨で、2017年9月現在の時価総額…

アーカイブ

ページ上部へ戻る