bitflyer(ビットフライヤー)とは?楽天市場でビットコイン貯まる?

bitflyer(ビットフライヤー)は2014年1月に設立された日本で初めてビットコインが取引できることで話題になった仮想通貨の取引所です。

bitflyer(ビットフライヤー)は出資している企業が大手が多いということで信用力が高いと言われています。

bitflyer(ビットフライヤー)で出来ること

bitflyer(ビットフライヤー)で取引することが出来る仮想通貨は、2017年6月現在でビットコインとイーサリアムの2種類だけとなっています。

時価総額で常にトップを争うこの二つの仮想通貨を主に取引する人には、十分ですが、これ以外の仮想通貨を取引する場合は、他の取引所でアカウントを開設するしかないということになります。

また、利用者へのサービスやキャンペーンが豊富なことでも知られています。

例えば、bitflyer(ビットフライヤー)のサイトから遷移することで、楽天市場でビットコインを貯めることもできますし、その他さまざまな商品を購入することで、ビットコインを貯めることができます。

bitflyer(ビットフライヤー)の特徴

大手企業からの資金的なバックアップに加えて、bitflyer(ビットフライヤー)で取引されれる仮想通貨に対しての盗難保険が存在しています。

これはbitflyer(ビットフライヤー)ならではの特徴と言えます。安全性という点では、世界でもトップクラスの取引所ではないでしょうか。

そして、bitflyer(ビットフライヤー)では、利用者に対して度々キャンペーンを行っています。ログインしただけ、あるいはチャットしただけで少額のビットコインが無料でもらえます。

仮想通貨の取引をこれから始めようという人で、仮想通貨そのものにちょっと興味が湧いたら、bitflyer(ビットフライヤー)のアカウントを開設してキャンペーンに参加してみてはいかがでしょうか。

bitflyer(ビットフライヤー)はおすすめか

さまざまな仮想通貨を取引したい、という方には、取引できる仮想通貨がビットコインとイーサリアムしかないbitflyer(ビットフライヤー)はおすすめできません。

しかし、この2種類しか取引しないという方、あるいはこの2種類はbitflyer(ビットフライヤー)で行い、他の仮想通貨は他の取引所で取引するという使い分けができる方には、使いやすい画面やアプリもあるbitflyer(ビットフライヤー)はおすすめです。

2017年5月中旬からテレビCMも流されるようになってきたので、これからどんどんbitflyer(ビットフライヤー)を利用する方は増えていくと思われます。

個人的には、複数のアカウントの使い分けは資金管理上ちょっと面倒というか難しいので、今後bitflyer(ビットフライヤー)で取引できる仮想通貨の種類が少しでも増えてくれればいいな、と思っています。

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 2020-9-6

    「億り人」で注目の坂本よしたか氏、今後はビットコインボルトの時代到来を予想?

    坂本よしたか氏は仮想通貨の書籍も出版している、情報ビジネス界の有名人です。儲かる秘訣を伝授しているだ…

おすすめ記事

  1. 坂本よしたか氏は仮想通貨の書籍も出版している、情報ビジネス界の有名人です。儲かる秘訣を伝授しているだ…
  2. 仮想通貨といえばビットコインといわれるくらい有名ですが、8月にビットコインキャッシュに分裂し、今後ビ…
  3. イーサリアムは、ビットコインに次いで2番目に時価総額の大きい仮想通貨で、2017年9月現在の時価総額…
  4. イーサリアムの「メトロポリス(Metropolis)」というアップデートが2017年9月下旬に行われ…
  5. 2017年8月24日の午前11時頃、ビットコインのSegwitがアクティベートされました。S…

話題をチェック!

  1. 2020-9-6

    「億り人」で注目の坂本よしたか氏、今後はビットコインボルトの時代到来を予想?

    坂本よしたか氏は仮想通貨の書籍も出版している、情報ビジネス界の有名人です。儲かる秘訣を伝授しているだ…
  2. 2018-1-6

    ハードフォークによるビットコインゴールドの誕生!?分裂で暴落!?

    仮想通貨といえばビットコインといわれるくらい有名ですが、8月にビットコインキャッシュに分裂し、今後ビ…
  3. 2017-9-25

    注目のアルトコイン|イーサリアムのプルーフ・オブ・ワーク/ステークで承認変わる?

    イーサリアムは、ビットコインに次いで2番目に時価総額の大きい仮想通貨で、2017年9月現在の時価総額…

アーカイブ

ページ上部へ戻る