今だけ限定!坂本よしたか氏の小資金で、多くの資産形成ができる方法とは?

青矢印

投資には大金が必要と考えている方も多いでしょう。確かに投資方法によってはまとまったお金が必要ですが、小資金から多くの資産を形成できる方法もあります。その方法を紹介しているのが、坂本よしたか氏です。

この記事では、
坂本よしたか氏がどんな人なのか?
小資金とは具体的にいくらかでできるのか
坂本よしたか氏が紹介する小資金から多くの資産形成する方法
についてご紹介します。

坂本よしたか氏のことや、画期的な資産形成方法について知りたい方は参考にしてください。

動画を見るだけで3000万円ゲット?!坂本よしたか氏が億万長者にしてくれる方法とは!
動画を見るだけで3000万円もらえる?!坂本よしたか氏があなたを億万長者にします!

 

坂本よしたか氏ってどんな人?ゆび

坂本よしたか氏は、株式会社ライトニングプロデュースと株式会社ライトニングプレミアムの代表取締役を務める起業家です。経営コンサルティング事業をはじめ、アフィリエイト事業や物販事業を展開しています。

また、物販事業や投資で培ってきた経験を活かして情報商材の開発、販売を行っているほか、ビジネスノウハウを伝えるセミナー講師、ベストセラー作家としても活躍しています。まずは、坂本氏がどんな人物なのか、これまでの経歴や実績を見ていきましょう。

・坂本よしたか氏の生い立ち
坂本氏は、1973年8月10日に愛知県春日井市で誕生しました。両親は飲食店を経営していました。お店は繁盛していたので、幼い頃はそれなりに裕福な暮らしをしていたそうです。

しかし、小学生の頃に両親のお店が倒産したことで、人生はがらりと変わってしまいました。倒産後は夜逃げ同然に他の町へ引越し、狭いアパート暮らしになったことで子どもながらに自分たちが置かれた状況を理解したそうです。

その後も何度も引越しを繰り返していたため学校になかなか馴染めず、いじめを受けていた経験もあります。その影響もあって中学生になった頃には非行に走るようになってしまいました。

何とか中学を卒業して高校にも進学したものの、実家の生活が苦しいこともあり、学費を浮かせるためにも中退します。中退後は上京し、アルバイトをしながら生計を立てていました。

初めてのアルバイトは飲食店で、劣悪な環境の中でほとんど休まずに働き、200万円を貯めることに成功しました。また、その後は他の仕事も経験したくなり、1年間で20種類のバイトをしていたそうです。

・就職後の経歴
19歳の頃にパチンコ店に就職し、パチンコ業界を通じてビジネスのノウハウをさらに身に付けていきます。坂本氏の働きぶりは社内で高く評価され、入社から1ヶ月で役員に就き、1年後には店長に昇格されました。

さらに22歳頃には本部に異動となり、異例の速さで出世していきました。年収も1,000万円を得るほどになったそうです。しかし、同時期に社内の派閥争いに巻き込まれ、左遷されてしまいます。

それをきっかけに年収は300万円までに下がってしまいます。3年間は同社で働き続けましたが、組織に不信感を覚えたことで退職し、再びアルバイト生活へと戻りました。

26歳の時に知人の紹介を受けて、老舗パチンコ店に就職をします。そこでも働きぶりが評価されて店長へと昇格しました。

建物や設備も劣化が目立ち、客足が遠のきつつあるお店でしたが、これまでの経験を活かしてお店の再建を図ります。その結果、地方からも客が訪れるほどの繁盛店になりました。

順調にお店は繁盛していきましたが、31歳の頃に経営者が大病を患ったことをきっかけに店を閉めることになり、坂本氏は再び職を失います。

・独立後
老舗パチンコ店を立て直したことで、自分の経営手腕に手応えを感じた坂本氏は経営コンサルティング会社を立ち上げました。

培ってきたスキルと経験からいくつもの会社の再建に協力し、順調に事業を展開していたところ、取引先から1,700万円を取られる詐欺被害に遭います。さらに契約詐欺にもあってしまい、借金はますます膨れ上がってしまいました。

寝る間を惜しんで働いていた坂本氏ですが、ある時本屋で実業家・個人投資家として活動する与沢翼氏の書籍と出会います。書籍を読んだ坂本氏は与沢氏に直接会い、そこで物販ビジネスのことを知りました。

それをきっかけに副業で物販ビジネスを始め、わずか2ヶ月で月商1,000万円を達成しました。さらに物販ビジネスを始めて6ヶ月後には2,400万円を売り上げ、無事に借金の返済も完了させました。

現在も経営する会社で物販事業を行っており、販売・メーカーへの卸や海外への輸出入を行っています。また、個人投資家でもあり、仮想通貨を中心に資産形成に注力しています。

自分のビジネスや投資ノウハウは、ブログやメルマガ、SNS、YouTube、書籍、セミナー、講演会など様々な形で積極的に発信されています。ちなみにこれまで1万人以上の生徒を指導しており、数多くの実績者を輩出しています。

 

小資金ってどのくらいでできるの?

おさつ
坂本よしたか氏が伝授している資産形成方法は、小資金から実践できると言います。小資金といっても、具体的にどれくらいからできるのか、一般的に投資で必要とされる資金目安と比較しながらご紹介しましょう。

・一般的に投資に必要な資金の目安とは
一口に投資と言っても色々な種類があり、投資に必要な金額も異なります。今回は株式、投資信託、FXを例に一般的にどのくらいの資金が必要なのか、その目安を見ていきましょう。

【株式投資(現物取引)の場合】
一部証券会社では銘柄ごとに決まっている最低売買単価を満たさずに株式を購入することが可能ですが、100株セットでの購入が基本です。

1株あたりの単価は企業ごとに異なり、1000円前後で設定されているところもあれば、1万円程するケースもあります。そのため、通常取引では10万円は必要です。

10万円以上あれば東証一部に上場する多くの銘柄を選択できるでしょう。分散目的で複数の銘柄を買うのであれば、さらに資金を用意する必要があります。

【投資信託の場合】
投資信託は投資先によって異なりますが、最低1万円から運用できるケースが多いです。中には100円から投資できるものもあります。

株式投資と比べて必要な資金が少なめなので、小資金から始められる投資の1つです。投資信託は複数の資産を組み合わせて運用しているので、少額の投資で分散投資ができます。

しかし、1つの商品では相場が下落した場合に損をする可能性があるので、安定性を重視するなら他の商品への投資も必要です。そうなると、別の商品への投資に必要な分の資金を用意しておく必要があります。

【FXの場合】
FXは取引するFX会社によって最低取引単価が異なりますが、1,000通貨または10,000通貨が平均です。例えば最低1,000通貨からのFX会社で米ドルを取引する場合、1ロット1,000ドル以上で注文しなければなりません。

ドル円レートが110円であれば、投資に必要な資金は11万円となるわけです。しかし、FXには必要な資金を少額に抑えて稼げるレバレッジ取引ができる特徴があります。

例えば1万円を証拠金にして10倍のレバレッジをかければ、10万円の取引ができるようになり、利益も10倍となります。ただし、投資資金が少額だと複数のポジションを保有するのが難しいので、上記2つと同じく分散投資するならその分の資金が必要です。

・坂本よしたか氏が紹介する資産形成に必要な資金目安
坂本よしたか氏が紹介している資産形成では、お小遣い程度の小資金から億を目指せるそうです。新生銀行が実施した「2021年サラリーマンのお小遣い調査」によれば、20~50代の会社員だと男女共に3万円~4万円前後が平均的のようです。

つまり、通常の株式投資やレバレッジなしのFXのように10万円以上の資金がなくても、サラリーマンの平均的なお小遣いの金額から無理なく稼げます。また、特に上限はないので運用する資金が多ければ、その分リターンも大きくなると期待できるでしょう。

 

今だけ限定!多くの資産形成する方法とは?

青矢印
坂本よしたか氏が紹介している資産形成は、アフィリエイトや転売、コンテンツ販売、株、FXでもありません。

なんとスマホで2タップするだけで稼げるという、新しい資産形成です。ここからは小資金から多くの資産を形成する方法の詳細や実績、登録方法についてご紹介します。

・ブックメーカーを組み合わせた新しい資産形成方法
2タップで稼げる資産形成方法は、ブックメーカーで資産を形成していくものになります。そもそもブックメーカーとは、スポーツを中心に様々な事柄を対象にベッティングの機会と場を提供するサービスのことです。

日本では普及していませんが、世界ではメジャーな資産形成方法で、法律的にも問題はありません。歴史自体も長く、1790年代にイギリスから始まったと言われています。

その市場規模は20兆円にも上り、ヨーロッパ圏では日本のコンビニと同じぐらいブックメーカーの店舗が存在します。ちなみに坂本氏が紹介している資産形成法では、スポーツの試合結果を予測し、ベットしていくスポーツベッティングを用いています。

・資金形成のステップ
ブックメーカーは日本ではメジャーとは言えないので、始めるにあたって難しくないのか不安に思うでしょう。しかし、坂本氏が紹介する資金形成方法はたった2ステップで、簡単に稼げる仕組みになっています。

この資産形成はLINEとの組み合わせが特徴的です。LINEに厳選された勝ち確の情報が届くので、その指示通りにベットするだけで操作は完了です。あまりの簡単さに、坂本氏も「非常識な方法」、「度肝を抜かれた」と称賛しています。

基本的に自分でスポーツの勝敗を予想する必要がないので、スポーツに疎い人でもブックメーカーで稼ぐことができます。難しい操作を必要としないので、難しいことが苦手な人も継続的に取り組みやすく、毎日利益を得られるようになります。

スマホ1台あればできるので隙間時間にでき、忙しい社会人や主婦なども気軽に副収入を得られるでしょう。

・気になる実績について
この資産形成では、平均月利40%以上を狙えるそうです。例えば30万円の資金を月利40%で複利運用すれば、以下のように資産が増えていきます。

1ヶ月後:42万円
3ヶ月後:84万円
6ヶ月後:231万円
12ヶ月後:1,740万円
1年半後:1億3,053万円

このように、シミュレーションでは1年半で1億円以上の利益を出せる結果となりました。予想が外れてしまう場合もあるのでシミュレーション通りに稼げるとは限りません。

しかし、この方法を実践している人は2000名以上もおり、スタートしてすぐに10万円以上の利益が出た人や安定した運用ができているといった声もあります。実際に億の資金を稼いでいる人も多いそうです。

そのため、簡単に億万長者を目指せる資産形成方法であると言えるでしょう。LINE×ブックメーカーは机上の空論ではなく、登録者に提供されている動画には根拠も紹介されています。稼げる根拠があるからこそ、坂本よしたか氏はこの資産形成方法をおすすめしているのです。

・参加方法について
LINEとブックメーカーを組み合わせた資産運用を始めるためには、無料登録が必要です。現在200名限定で登録者を募集しているので、詳細が気になる方はぜひ登録してみてください。

登録方法は「LINE×ブックメーカー」の公式ページにアクセスし、フォームにメールアドレスを入力して送信するだけです。

すると、入力したメールアドレスにメールが届くので、後は記載された内容通りに登録作業を完了させてください。

 

まとめ

女性スマホ
今回は坂本よしたか氏の経歴から小資金まで多くの資産を形成する方法をご紹介しました。今では事業や投資で成功している坂本氏ですが、過去には様々な苦労の連続でした。

自分が味わったような苦労する人を少なくするために、自らのビジネス・投資ノウハウを伝授したり、優良な商材を紹介したり、積極的に情報発信をしています。

ご紹介したLINEとブックメーカーを組み合わせた非常識な資産形成方法も、坂本氏は確かな証拠があるものとしておすすめしています。

少額でできる資産運用方法は他にもありますが、株式や投資信託、FXなどの投資は専門知識も必要なので、ハードルが高く感じます。

しかし、LINE×ブックメーカーはたった2ステップで操作でき、隙間時間を使って毎日コツコツ利益を上げられます。

お小遣い程度の資金から始められるので、投資にハードルを感じている人も参入しやすいでしょう。200人限定で公開されているので、気になる方は早めに登録してみてください。

 

重要ポイント・まとめ

・LINE×ブックメーカーは坂本よしたか氏がおすすめする資産形成方法
・特に専門的な知識は必要なく、お小遣い程の資金から誰でもチャレンジできる
・平均月利40%以上で、億万長者を輩出している実績も多数あり
・200名限定公開なので、登録するなら今がチャンス

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 2020-9-6

    「億り人」で注目の坂本よしたか氏、今後はビットコインボルトの時代到来を予想?

    坂本よしたか氏は仮想通貨の書籍も出版している、情報ビジネス界の有名人です。儲かる秘訣を伝授しているだ…

おすすめ記事

  1. 坂本よしたか氏は仮想通貨の書籍も出版している、情報ビジネス界の有名人です。儲かる秘訣を伝授しているだ…
  2. 仮想通貨といえばビットコインといわれるくらい有名ですが、8月にビットコインキャッシュに分裂し、今後ビ…
  3. イーサリアムは、ビットコインに次いで2番目に時価総額の大きい仮想通貨で、2017年9月現在の時価総額…
  4. イーサリアムの「メトロポリス(Metropolis)」というアップデートが2017年9月下旬に行われ…
  5. 2017年8月24日の午前11時頃、ビットコインのSegwitがアクティベートされました。S…

話題をチェック!

  1. 2020-9-6

    「億り人」で注目の坂本よしたか氏、今後はビットコインボルトの時代到来を予想?

    坂本よしたか氏は仮想通貨の書籍も出版している、情報ビジネス界の有名人です。儲かる秘訣を伝授しているだ…
  2. 2018-1-6

    ハードフォークによるビットコインゴールドの誕生!?分裂で暴落!?

    仮想通貨といえばビットコインといわれるくらい有名ですが、8月にビットコインキャッシュに分裂し、今後ビ…
  3. 2017-9-25

    注目のアルトコイン|イーサリアムのプルーフ・オブ・ワーク/ステークで承認変わる?

    イーサリアムは、ビットコインに次いで2番目に時価総額の大きい仮想通貨で、2017年9月現在の時価総額…

アーカイブ

ページ上部へ戻る