仮想通貨2

坂本よしたか氏は、ビジネスコミュニティの運営を行っている人物です。コンサルタント事業をはじめとした多岐にわたる事業も展開していて、年商は30億円を突破しています。

そんな坂本よしたか氏は、仮想通貨でも成功を収めた経験の持つ主です。仮想通貨の種類は増えていて、それで稼いでいる人も多くなってきました。

その先駆者とも言える坂本よしたか氏はいったいどのような方法で成功したのでしょうか?今回の記事を読むことで、

・坂本よしたか氏がどのような人物なのか
・仮想通貨にはどのような種類があるのか
・坂本よしたか氏はどの仮想通貨をおすすめしているのか

といった点に関する理解を深められます。坂本よしたか氏や仮想通貨について詳しく知りたい人は必見です。

坂本よしたかの評判ってどうなの?こちらの記事でこれまでの経歴から解説!
坂本よしたかの評判は?これまでの経歴を元に解説

坂本氏のプロフィール

時計
まずは、坂本よしたか氏がどのような人物なのか知るためにプロフィールからみていきましょう。

【坂本よしたか氏のプロフィール】
坂本よしたか氏に出身地は愛知県春日市、誕生日は1973年8月10日です。両親は飲食店を営んでおり、幼少期は比較的裕福な生活を送っていました。

しかし、徐々に経営が厳しい状況になってしまい、坂本よしたか氏が小学生の頃に倒産を余儀なくされてしまいます。倒産後は夜逃げするように引っ越していき、それ以前とは正反対の貧しい生活を送ることになりました。

小学校を卒業してからは若水中学校に入学し、その後は高校に進学しました。しかし、貧しい家庭の状況を鑑み、中退して働くことを決意したのです。中退してからは、昼夜問わずアルバイトを続け、1年間で200万円もの貯金に成功しました。

19歳になった坂本よしたか氏は、サービス業の会社に入社します。これまでにアルバイトで培ってきた経験を活かし、入社からわずか1ヶ月で役員に就任するという偉業を成し遂げました。さらにその1年後には店長になるなど、異例のスピード昇進を遂げています。

22歳で年収1,000万円にもなりましたが、社内の派閥争いに巻き込まれて左遷されることになります。左遷後は年収が300万円まで下がり、会社で社員として働き続けることだけが正しい道ではないのではないかと疑問を抱くようになり、退職を決意しました。

アルバイト生活に戻った後、老舗パチンコ店で再就職します。老舗パチンコ店ではこれまでに培ってきたスキルや経験を遺憾なく発揮し、経営再生に成功したのです。

しかし、オーナーが大病を患って閉店しなければいけなくなったため、再度無職になってしまいます。無職になってしまいましたが、経営再生をしたことに手応えを感じていた坂本よしたか氏は自分自身で事業を立ち上げようと決めました。

坂本よしたか氏が最初に手掛けたのは経営コンサルティング会社です。少しずつ事業は軌道に乗っていきましたが、契約詐欺の被害に遭ってしまいます。

詐欺に遭った坂本よしたか氏は、1,700万円もの借金を背負うことになってしまったのです。借金を返済するために副業としてAmazon転売というビジネスをスタートします。

Amazon転売によってわずか2ヶ月で月商1,000万円という驚異的な実績を残しています。そのおかげもあり、借金は無事に返済できました。

その後も多くの壁にぶつかってきましたが、その都度経験などを活かして乗り越えてきました。壁にぶつかる苦しみやビジネスが上手くいかない葛藤などを知っているからこそ、現在は幅広い事業を展開できているのだと考えられます。

【坂本よしたか氏が代表を務めている会社とは?】
株式会社ライトニングプレミアムと株式会社ライトニングプロデュースの代表取締役を坂本よしたか氏は務めています。主な事業内容は、ビジネスコミュニティの運営や経営コンサルタント事業、投資関連事業、セミナー事業、アフィリエイト事業、物販事業です。

これまでに培ってきたノウハウやスキルを活かし、オリジナルツールの開発・販売やWebマーケティング支援、実践的なアドバイスの提供などを行っています。

 

仮想通貨の種類について

仮想通貨
坂本よしたか氏は、数々のビジネスで成功している人物です。その中のひとつが仮想通貨関連のビジネスとなっています。仮想通貨といっても、あまりイメージが湧かない人も多いでしょう。

そこで続いては、現在流通している仮想通貨の種類についてご紹介します。仮想通貨は非常にたくさんの種類があるので、ここでは知名度が高いものや将来性が期待できそうなものをピックアップしてみていくことにします。

・ビットコイン(BTC)
ビットコインは、仮想通貨の代表的な存在として多くの人に知られています。発行枚数は2,100万枚と定められていることから、希少価値が高くなっています。

デジタルゴールドとも呼ばれており、世界各国の企業や投資家が購入している仮想通貨です。エルサルバドルや中央アフリカ共和国は、ビットコインを法定通貨としています。

・イーサリアム(ETH)
イーサリアムもビットコイン同様、知名度が高い仮想通貨です。スマートコントラクト機能を有していることが注目度を高める要因となっています。

DeFiやNFTなど幅広い分野で活用されている仮想通貨でもあります。今後はさらなる需要の拡大が見込まれているため、将来性も期待できるでしょう。

・リップル(XRP)
リップルは、国際送金に特化している仮想通貨です。コストを抑えながらスピーディな決済ができることに定評があります。世界40ヶ国以上の300を超える金融機関と提携していることからも、将来性の高さが見込まれます。

・エイダコイン(ADA)
エイダコインは、カルダノと呼ばれるブロックチェーンで使われている仮想通貨です。元々イーサリアムの開発者だった人物によって提唱されました。

PoSという承認アルゴリズムを採用しているため、電力消費量を抑えられることも特徴のひとつとして挙げられます。かつてはオンラインカジノで使われていたのですが、現在は国際プロジェクトや教育システムなど幅広い用途で使われるようになっています。

・エンジンコイン(ENJ)
エンジンコインは、オンラインゲームのプラットフォームで流通している仮想通貨です。ゲーム内で決済したり、アイテムを生成したりするために使われています。

Enjin CraftなどNFTゲームがプレイでき、ゲームで遊びながら稼ぐことができるのです。Play to Earnに興味がある人はチェックすべき仮想通貨だと言えるでしょう。

・ポルカドット(DOT)
異なるブロックチェーン同士をつなぐ相互運用性に特化した仮想通貨がポルカドットです。

ブロックチェーンが抱えている通料の高騰や取引の遅延といった問題を解消することが目的で生み出されました。中央集権的な仕組みを打破することで注目を集めているweb3の実現を掲げているプロジェクトでもあります。

・ビットコインキャッシュ(BCH)
ビットコインキャッシュは、ビットコインから派生した仮想通貨です。送金遅延の深刻化という問題を解決するため、分裂によって生み出されました。

ビットコインキャッシュを決済通貨として利用できる店も増えており、需要拡大や価格上昇に期待が寄せられています。

・クアンタム(QTUM)
クアンタムは、ビットコインが持つ安定性とイーサリアムが持つスマートコントラクト機能を取り入れ、双方のメリットを両立させた仮想通貨になります。ライトウォレットと呼ばれる自分が必要な分だけブロックチェーンをダウンロードできるという画期的な機能も有しています。

ストレージの軽さや取引記録のスピーディなダウンロードなどビジネスでも役立つと注目度が高まっているのです。GoogleやAmazonなどの大手企業と連携していることからも将来性の高さが伺えます。

仮想通貨にはこの他にも非常に多くの種類があります。それぞれが異なる特徴を持っているため、使用される場面は多岐にわたります。知名度が高い仮想通貨以外にも将来性が期待できるものはたくさんあるので、仮想通貨投資をしたいならしっかりとリサーチすることが重要です。

 

坂本よしたか氏がすすめる仮想通貨

仮想通貨2
仮想通貨には前述したように多くの種類があります。数ある仮想通貨の中で坂本よしたか氏がおすすめするのは、ビットコインボルト(BTCV)です。

最後に、坂本よしたか氏がおすすめしている仮想通貨・ビットコインボルトはいったいどのような特徴を持っているのか、マイニングはどのように行うのかを解説していきます。

【ビットコインボルトとは?】
ビットコインボルトという名称なので、ビットコインから派生したものだと思う人も多いでしょう。しかし実際は別物なので、ビットコインボルトならではの特徴を知っておく必要があります。

・独自開発されたブロックチェーンから生まれた
ビットコインボルトは、独自開発されたブロックチェーンから生まれた仮想通貨です。MINEBEST社が2019年12月に発効した仮想通貨になります。

ビットコインから分裂したのではなく、独自に開発されていることを念頭に置いておきましょう。基本的な部分はビットコインがベースとなっているので、発行枚数の上限が2,100万枚であることやアルゴリズムにPoWを取り入れていることなどは類似しています。

・価値の保存に特化している
ビットコインボルトは、価値の保存に特化した仮想通貨です。ビットコインは、個人間で直接的な取引が可能なオンラインマネーとして設計されています。

一方ビットコインボルトは、安全に価値を保存することに重きを置いています。そのため、セキュリティ面ではビットコインボルトの方が高くなっているのです。

ビットコインには、送金すると資産を取り戻せない、総発行枚数の61%が0.06%という少ない人数によって管理されているので相場を自在に動かされてしまうリスクがある、といった弱点があります。その弱点をカバーする機能をビットコインボルトは有しているので、大切な資産を安全に保管できます。

・24時間以内ならキャンセル可能
ビットコインは、送金アドレスや金額などを間違えてしまった場合でもキャンセルができない仕組みになっています。

それではデメリットが大きいため、ビットコインボルトは24時間以内なら送金キャンセルができるようにしました。不正送金などがあっても、24時間という猶予があるので対応して被害を食い止めやすくなったのです。

・セキュリティを高めるために3つの秘密鍵を発行
仮想通貨を安全に保有し続けるために秘密鍵と呼ばれるものが発行されます。一般的には1つしか発行されませんが、ビットコインボルトは3つの秘密鍵が発行されます。

3つあれば、どれか1つが外部に流出したとしても、他のウォレットに移動することはできません。つまり、大切な資産を失ってしまうリスクはかなり低くなると言えるでしょう。

【ビットコインボルトのマイニング方法】
ビットコインボルトは、ビットコインと同様にASIC(Application Specific Integrated Circuit)でマイニングできます。ASICを使うとGPU(グラフィックボード)を活用したマイニングよりもコストを抑えられます。そのため、他の仮想通貨よりも報酬を得やすくなっているのです。

またビットコインボルトのマイニングは、マイニングシティで行えるようになっています。マイニングシティに登録し、指定のプランを契約します。そうすると、1,100日間にわたってビットコインボルトのマイニングができるという仕組みです。

このサービスは有料ですが、自分自身でマイニングマシンを稼働させるための環境を用意する必要はありません。そのため、誰でも気軽にスタートできるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

マイニングシティを紹介して会員が増えていくと、ノルマ無しでボーナスを獲得できるようになります。周りに仮想通貨に対する興味・関心がある人が多い人は、マイニングシティを紹介することによる恩恵も受けやすいです。

 

まとめ

まとめ
坂本よしたか氏は、数々のビジネスで成功している人物です。今でこそ成功者と呼べる存在ですが、過去には多くの苦労を重ねてきました。

その苦労があったからこそ、今の坂本よしたか氏がいるのでしょう。坂本よしたか氏がおすすめする稼ぎ方のひとつに、仮想通貨を活用した方法があります。

仮想通貨にはいくつもの種類がありますが、ビットコインの弱点をカバーしたビットコインボルトは坂本よしたか氏がおすすめしているものです。ビットコインの弱点をカバーしていることもあり、今後も注目していきたい銘柄と言えるでしょう。

 

重要ポイント・まとめ

・仮想通貨には色々な種類がある
・仮想通貨ごとの特徴を知ることが投資で成功するための秘訣
・坂本よしたか氏がおすすめするビットコインボルトはビットコインの弱点を改善している

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 2020-9-6

    「億り人」で注目の坂本よしたか氏、今後はビットコインボルトの時代到来を予想?

    坂本よしたか氏は仮想通貨の書籍も出版している、情報ビジネス界の有名人です。儲かる秘訣を伝授しているだ…

おすすめ記事

  1. 坂本よしたか氏は仮想通貨の書籍も出版している、情報ビジネス界の有名人です。儲かる秘訣を伝授しているだ…
  2. 仮想通貨といえばビットコインといわれるくらい有名ですが、8月にビットコインキャッシュに分裂し、今後ビ…
  3. イーサリアムは、ビットコインに次いで2番目に時価総額の大きい仮想通貨で、2017年9月現在の時価総額…
  4. イーサリアムの「メトロポリス(Metropolis)」というアップデートが2017年9月下旬に行われ…
  5. 2017年8月24日の午前11時頃、ビットコインのSegwitがアクティベートされました。S…

話題をチェック!

  1. 2020-9-6

    「億り人」で注目の坂本よしたか氏、今後はビットコインボルトの時代到来を予想?

    坂本よしたか氏は仮想通貨の書籍も出版している、情報ビジネス界の有名人です。儲かる秘訣を伝授しているだ…
  2. 2018-1-6

    ハードフォークによるビットコインゴールドの誕生!?分裂で暴落!?

    仮想通貨といえばビットコインといわれるくらい有名ですが、8月にビットコインキャッシュに分裂し、今後ビ…
  3. 2017-9-25

    注目のアルトコイン|イーサリアムのプルーフ・オブ・ワーク/ステークで承認変わる?

    イーサリアムは、ビットコインに次いで2番目に時価総額の大きい仮想通貨で、2017年9月現在の時価総額…

アーカイブ

ページ上部へ戻る